グノシー砲・ヤフトピ砲・はてぶ砲・佐々木俊尚砲・湯川鶴章砲・ホリエモン砲・よしりん砲etc

ギャラクティカサイバーディメンションズアタック > 稼ぎ方 > ポータルサイトで稼ぐ方法 > グノシー砲・ヤフトピ砲・はてぶ砲・佐々木俊尚砲・湯川鶴章砲・ホリエモン砲・よしりん砲etc

グノシー砲・ヤフトピ砲・はてぶ砲・佐々木俊尚砲・湯川鶴章砲・ホリエモン砲・よしりん砲etc

hatebu

ポータルサイトで稼ぐ方法

こんぺーです。

本日もお忙しい中ご来店ありがとうございます。

この砲というのは最初は、田代砲から始まったのでしょうか。
それ以後、アクセスが急激に上がってバズるツールなどが●●砲と呼ばれるようになりました。

最近ではキュレーションアプリなどが色々出てきたため、アプリからたくさんの流入があった場合も「砲」がつきます。
本日は●●砲についてちょっとまとめてみようかと。

僕が知ってる砲まとめてみました。

グノシー砲

はい。まずは有名なものですね。
アクセスは色々な説があり微増~3倍、4倍ぐらいになるなどがあります。
グノシー砲は、掲載される時間帯やカテゴリー、順番によって相当変わるようです。
僕も間接グノシー砲を食らったことがあるのですがアクセスは100に満たなかったです。

下記二つの事例を見てみるとかなり変わるということが分かりました。

【はじめてのGunosy砲直撃】実はGunosyって大したことなかった件
Gunosy砲の威力が上がっている件。同時アクセス300件突破


ヤフトピ砲

こちらも有名ですね。
ヤフーニュースの下に関連リンクとしてつけられるリンクです。
ヤフートピックスの下に乗るのでヤフトピ砲といわれます。

運営しているサイトが数回掲載されたことがありました。
アナリティクス瞬間風速がだいたい600~700だった覚えがあります。
(その頃の通常風速が200ぐらい)

徳力さんのブログではアナリティクスを掲載してますが凄かった。2000www
グノシー砲も凄いんだけど、やっぱりヤフトピ砲は桁違いの凄さだった件について

はてぶ砲

こちらも有名です。
はてぶ新着やホッテントリーに入るとはてぶ砲飛んできますね。

はてぶって有名なので凄いのかなと思ったのですがこの画像みてください。

はてぶほってんとりー画像

極東ブログさんに取材した内容だったのですがこれで一日のアクセスが400ぐらいでした。
ハテブ数は30でした。


ハテブ120だった方で

ホッテントリ入りした結果、今まで1日60〜90アクセスくらいだったのですが、一気に4900まで。だいだい80倍くらいですね(笑)
ハテブ砲、恐るべし。初めてホッテントリー入りした結果



ハテブ数が100超えたあたりからすごくなるのでしょうか。
最高どのくらいのアクセスがもらえるのか知りたいです。

最近話題になってきている砲「newspicks砲」

最近ちょっと話題になっているのが、ビジネスニュースキュレーションアプリの「newspicks砲」
これに掲載されると結構なアクセス数がいくという事が書いてました。
now or naverの西村さんによると

「NewsPicks」にはたくさん「Pick」されている注目記事をランキング形式でまとめた「トップ20」という項目にはいる
と良いと書いております。

詳しくは西村さんのこの記事がかなり参考になります。

「NewsPicks砲」と「ホリエモン砲」が火を噴いた結果www

「ホリエモン砲」や「乙武砲」などの有名人ツイッター砲

ホリエモンさんや乙武さんがツイートしても結構なアクセスを稼げるそうです。
この人たちがツイートするとかなりの拡散されるため個人のパワーから全体にどんどん広がっていくそうです。

ホリエモンさんに限っては
twitter砲とgunosy砲とホリエモン砲によるスパイクとadsense

こちらで詳しい解説がされていました。

あと最近凄いと僕が考えているのは
・小林よしのり砲
・佐々木俊尚砲
・IKEDAHAYATO砲
・湯川砲


このあたりは凄いのではないかと考えております。

超集中砲火タイプの「テレビ砲」は1000超えします

やはりインターネットの時代といわれていてもテレビは最強の媒体なんですね。
テレビで自分のコンテンツに関連する放送を行われるとすごいことになるんです。

みなさん自然検索で調べちゃうんですね。
なので半端ないです。

僕が食らったのは報道ステーションの「報ステ砲」でした。
瞬間風速が通常40ぐらいなのが380ぐらいになってアクセス制限を食らってしまいました。

メインサイトも、報道ステーション砲を食らっており
最大瞬間風速「1000」超えがありました。

報道ステーション以外では特番テレビもいいかもです。 「特番砲」を食らっておりその時で通常の倍ぐらいでした。

画像を取っておけばよかったと後悔しております。

テレビの場合ですが、特徴は
特番だと2時間。報道ステーションだとニュースなのでだいたい30分ぐらいの「火力集中砲」になります。
でもその瞬間だけでもかなりのアクセスが集まります。

テレビ予告を見てそれについての記事を前もって用意していると砲撃受けるのを狙えそうなので、近日挑戦してみようとおもいます。
それもちょっとブログにしつつ。

特番狙っていくのはある意味いいかもしれませんね。

模索結果

上記から

結果・・・

有名人と話してみるとツイッターしてもらえるかも

一番やりやすいのは良い記事を書くのがいいのですが、それ+有名人に記事について意見を求めてみるのがいいかもしれませんね。
とあるブロガーの方はとある方に意見求めたら答えてくれたという事もあるのでそういう交流方法もいいかもしれませんね。


有名人がツイッターでぶっ放すビジネスとかすごい面白そうなんだけどな・・・。
ステマになるのかね。世の中ステマだらけなので今更感が僕にはあるのでどんどんやってほしいのですが・・・。

働き方や稼ぎ方やポータルサイトの運営方法についての情報発信中!
これを機にツイッターフォローいただけると喜びますです。

あわせて読みたい記事