【ポータルサイトの作り方】有名ポータルサイト一覧から発見する「ポータルサイトとは?」

ギャラクティカサイバーディメンションズアタック > 稼ぎ方 > ポータルサイトで稼ぐ方法 > 【ポータルサイトの作り方】有名ポータルサイト一覧から発見する「ポータルサイトとは?」

【ポータルサイトの作り方】有名ポータルサイト一覧から発見する「ポータルサイトとは?」

ポータルサイトとは?

ポータルサイトで稼ぐ方法

こんぺーです。

複数のポータルサイトを運営している「ポータルサイター」として独立しながら生計たてています。
※月間PV数は400万PV程(全てのサイトを合わせた数字)

今日はそのポータルサイトについてですが

ポータルサイトとはなんぞや?というのにフォーカスをあてつつ、どのくらいの規模感が狙い目なのかを解説しちゃいます。

ポータルサイトとは

ポータルサイトの定義ですが、ウィキペディアによると

「検索エンジン、ウェブディレクトリ、ニュース、オンライン辞書、オークション、メールサービス」などのサービスを提供する。
港(ポート)。
インターネットの入り口やハブ的な役割をするものということらしいです。

1996年ごろにかなりのポータルサイトの乱立があり、それが今では徐々にですが統廃合が進んでいるそうです。

では有名なポータルサイトというと、下記になります。

・Yahoo! JAPAN
・Google
・MSN
・Excite
・livedoor
・NAVER
・はてな



はい、いつもみなさんが使っているアレですね。
検索できたりハテブしたり、まとめたりするのです。
独自のアルゴリズムがあって検索結果を出したり面白いコンテンツを作っています。


よし!じゃあこういうポータルサイトを作りましょう!


といっても素人には作れません。無理です。

プロでもかなりのコストがかかります。
時間もかかります。
アルゴリズムなんて作ったってグーグルには勝てないでしょう。
どのくらいで黒字転化できるのかも難しい。
マネタイズがスーパー難しいです。
費用も掛かります。


まあ・・・ぶっちゃけ無理なんですね。あまり夢や野望の可能性を否定するのは好きじゃないですが、現実的じゃないです。

そこで狙うのが違う形のポータルサイトです。

ポータルサイトの種類

ポータルサイトといってもヤフーみたいな巨大プラットフォームだけじゃないんです。
色々あります。

思いつくものをあげてみました。

・不動産ポータルサイト
・地域ポータルサイト
・専門ポータルサイト
・情報ポータルサイト
・学生ポータルサイト
・結婚・恋愛ポータルサイト

上記にそれぞれあてはめてみると

・スーモ 不動産賃貸・マンション売買
・エキテン 地域情報
・アットコスメ コスメ系
・クックパッド 料理情報
・みんしゅう 内定・就職情報系
・街コンポータル

よし。

これなら作れる!!!
じゃあ制作入りましょう!!!!!!!!!

といっても作れません。
上記のアレもでかいんです。
企業でプロ級の人たちが集まってかなりの期間をかけて作ってます。

なのでもうちょっと落としていきましょう。

中規模だけど役立つポータルサイトが狙い目

上記のアレは「企業クラス」じゃないと作れないと思います。スキルがあれば一人でも作れますが結構時間かかりますね。
でも一人で作れるなら作ったほうがいいですよ。

でも初心者には敷居が高すぎるので、ある程度の目安がいりますね。
自分がおすすめするポータルサイトの制作期間は、

・「週5、8時間で1か月かからない」(デザイン、コーディング、ライティング全て含めた場合)
・ワードプレスでテンプレートを使うなら「2週間ぐらい」(ライティングのみ)


だと考えています。

※ちなみに僕は1か月のうち2週間は考える時間。
残り2週間ぐらいで制作しちゃいます。

規模の目安サイト紹介

言葉で言ってもわからないのでこんなサイトの規模感で考えみましょう。
ということでいくつか紹介します。

イケサイ

ポータルサイト1

ウェブデザインの参考になるサイトの第一人者的なサイトですね。
月間PVはsimilarwebによると200万以上でした。
※あまりsimilarは参考になりませんが一つの指標として。
ウエブサイトへのリンク集的なものになっているので更新がすごい簡単だと思われます。

※ウエブデザインの勉強にもかなりなるのでおすすめのサイトです。

資格の取り方

ポータルサイト2

資格の取り方に特化したポータルサイト。
デザインはダサいですがこういうサイトでもちゃんとしています。

ハイパー薬辞典

ポータルサイト3

薬辞典ですね。
どんな薬なのか一発でわかります。
検索タイプですが、プログラミングが面倒なら「あ行~わ行」までわかりやすいようにリスト化すれば問題なし。
デザインはダサいです。でもそのダサさが逆に長年やっているんだなという信頼もあるような気がしますね。

こんな感じの規模間とサイト感を作るんだ。とさっくりとつかんでいただければ幸いです。

ポータルサイトの作り方の簡単な流れ

僕が実践しているポータルサイト作りの簡単な流れを書きます。

【企画】
あんなサイトどうだろう、こんなサイトどうだろう・・・。と考えます。
あ、こんな視点の保険のサイトがあれば面白そうだ。


【マーケットを調べる】
グーグル先生が出しているキーワードツールもしくはヤフーキーワードツールを使い、そのキーワードでどのくらいのアクセスが取れそうか調べます。
PV母数やそのPVから発生しそうな収益、記事を長年書けるコンテンツを作れるかなどを判断に加えています。


【ゴーするorしないか】
アクセスがどのくらい取れそうか、競合は強すぎて上位に組み込めそうか?などを考えいけそうなら制作へ。
だめなら振り出しに戻ります。
この振り出しに戻るのが僕は結構多いですが諦めません。


【レンタルサーバー・ドメイン選び】
僕はジンクスがありwpXクラウドにしてます。
桜もつかいますが、wpXクラウドはアクセスが増えたときにサーバー切り替えが楽です。プランをアップするだけでアクセス規制対策も大丈夫になります。

なによりもこれで作ったサイトが成功するというジンクスもあるのでこれにしてますよ。

ドメインも取得します。
そしてレンサバ・ドメイン契約をすれば、もうゴーするしかないという覚悟も持てて一石二鳥です。


【制作 デザイン】
デザインを作りましょう。難しい場合はテンプレートなども探しますが、基本独自のデザインを作ったほうがいいです。


【制作 コーディング】
ワードプレスを使うとシステマチックにできるので更新が楽になる部分がありますが、使えないのであればhtmlで作ってもいいと思います。
手間はかかりますが、好きになりますし。ちなみに僕のサイトはhtmlだけのサイトもあります。


【制作 コンテンツ作り】
記事を作ります。自分で書いてもいいですし、外注してもいいと思います。時間=お金という考えがあるなら外注のほうがいいかもしれません。
ディレクションと企画と記事編集に回るほうが圧倒的にいいと思います。


【運営】
サイトが完成してUPしたら運営ですね。最初のコンテンツは僕はだいたい30~50ぐらい作ってからスタートします。


【三カ月様子を見る】
コンテンツはあきらめずにどんどん作っていきましょう。
3カ月が目安です。
3カ月でどのくらいのアクセスがとれているか、どのくらいの目標設定をしているか。それを超えてたら続けるべきですね。
ちなみに僕の場合は、3カ月で「PV母数」の10分の1ぐらいでも達成していたら継続します。

模索結果

上記から

結果・・・

規模間とこういう感じのさわり感はつかんでおく。あぁ~こういうのね。サテライトよりもでかくて役に立つサイトね。みたいな。

簡単な流れを見ながらやればある程度いけます。
ぜひトライしてみましょう。

ちなみに余談ですが運営しているポータルサイトが書籍化されました。

こんなことがあるのかと驚いています。

「日本の給料&職業図鑑」




働き方や稼ぎ方やポータルサイトの運営方法についての情報発信中!
これを機にツイッターフォローいただけると喜びますです。

あわせて読みたい記事