【未来ジョブ14】物質大好き!マキシマリストの誕生!

ギャラクティカサイバーディメンションズアタック > 未来ジョブ > 【未来ジョブ14】物質大好き!マキシマリストの誕生!

【未来ジョブ14】物質大好き!マキシマリストの誕生!

maximum

未来ジョブ

未来ジョブ画像

こんぺーです。

本日もお忙しい中ありがとうございます。

職業を考えイノベーションを起こす企画「未来ジョブ」
今日はジョブというよりも未来にありそうな生き方や考え方になります。

第14番目の未来はこれ。


マキシマリスト

マキシマリスト画像

イラスト:takaco様

誕生時期・時代背景

2025年ごろ
ミニマリストが2015年~2025年の間に流行し、物質社会から脱却するものの、経済が落ち込み、その反動により最大限主義者が台頭してくる時代。
まずはミニマリストとはどういうものなのかからおさらいをしてマキシマリストを解説。

ミニマリストとは?

ミニマリストの定義は、最小限主義でありますが、具体的にどんなことをしているのかあげてみました。

・必要のないものを捨てて楽しめる時間や空間、心の余裕など大事にする。
・不必要なモノは捨て去る
・大事なモノを見極める


不要な要素を排除することに努める人だそうです。

上記にあげた究極の形がこれ。

マキシマリストは「備えあれば憂いなし」がテーマ

ミニマリストは上記でいったように必要のないものは捨てる。大事なものを見極める。そのような活動のため上記のような生活になりますが、
マキシマリストは逆に「備えあれば憂いなし」が根本精神となるため、必要とするであろうものは必ず持つが理念です。

こういう考えも、震災や災害時の教訓からきています。

マキシマリストは、発達した近未来のものよりも古き良きものを楽しむ。
また、嗜好品を回りに沢山置くというよりも、必要になりうるものを確実に用意しておくというスタンス

そのため
・古いものが好き
・購入したものは大事に保存する
・不必要なものはこの世には無い
・収納が綺麗に収まったときの心の安寧が好き。
・災害時のために乾パンや缶詰・ワイン・毛布や布団など必ず倉庫に数人が数か月暮らせるぐらいを備蓄。
・助け合いの精神
・カントリー調が好き
・思い出を飾ることで心を整理する


などが基本理念になりそうです。

マキシマリスト部屋画像

イラスト:オールドタイムより

こんな部屋が好きなのではないでしょうか。

マキシマリストの本来の意味

最大限綱領派と訳される。社会主義陣営において要求のすべてを主張し,決して妥協しない一派をいうそうです。
対してミニマリストは「対して、実現可能なものだけを要求する一派」のことをいうそうです。
社会主義陣営で使われていた言葉。

すでにミニマリストというアンチテーゼとしてマキシマリストが生まれてます。

ミニマリストという言葉が流行り「ダンジャリ」という言葉が流行り始めてます。
だから必ずアンチな考え方が生まれてくると思い、調べてみましたがいますね。マキシマリスト。

外資系OLのぐだぐだ」というブログを運営されているトイアンナさんはブログ内で

「好きなものを、たくさん買おう。」

と宣言しており、マキシマリストの魅力について語っています。

趣味の範囲が広く、結構な買い物をする。小説、漫画、服、お酒。とにかく集めて、試して、満足するまで味わう。服はユーズドが多い。日本人は新品信仰があるため、ハイブランドも驚くような低価格で手に入るのが素晴らしい。
といっても、安物買いの銭失いはミニマリストと同じくイヤだ。価格に納得した最高の品を選びたい。問題は、最高の品がオリコンランキングのように数値化されているのではなく「自分の五感で感じる」必要があることだ。
趣味というのは自分にとって「最高のもの」を探す旅。芥川賞を読めば効率的に最優秀の新人文学が読めて効率的!なんてわけにはいかない。そうなると、家には試行錯誤のモノが増えることになる。最高の品が決まってからブックオフしてもいい。
しかし、最高の品が決まるまでは「これも素晴らしい、あれも捨てがたい」が蓄積していくことになる。
また、その蓄積したものを手にとって「いろいろ集めたなあ」と愛しむのもまた、趣味の醍醐味である。
引用:外資系OLのぐだぐだより

またブログ内では、

「モノは次世代に繋ぐこともできる。」
「お金を稼ぐモチベーションが上がる」


ともおっしゃっていました。

未来にいるマキシマリストは上記の考えとはちょっと違いますが根源的には一緒ですね。

ミニマリストは「生き方の一つ」になってますが、その生き方を元に、仕事として講演活動を行っている人もいます。
マキシマリストもそのうち、一つの職業として「生き方・暮らし方のコンサル」を始めるかもしれません。

マキシムコンサルタント。なんか名前だけ見ると胡散臭い情報商材を売ってるような感じの名前に聞こえるのは僕だけでしょうか・・・。

参考資料

外資系OLのぐだぐだ
コトバンク
kurashimania ミニマル・ライフログ

未来の仕事や社長と対談など情報発信中!
これを機にツイッターフォローいただけると喜びますです。

あわせて読みたい記事