一割の嫉妬は向上心を生む

ギャラクティカサイバーディメンションズアタック > いろいろ > 一割の嫉妬は向上心を生む

一割の嫉妬は向上心を生む

holy

いろいろ

嫉妬と向上心の紙一重さ

某有名雑誌の編集長さんとお話しをしていて出てきた話題。
「週刊誌やワイドショーは妬みから生まれたもの。」


なるほどなと思った。


そこで妬みについて考えてみた。
嫉妬はしないほうがいいとか、嫉妬してる暇あれば自分のやりたいことやるほうがいいという意見を見ますね。

ふと疑問に。

嫉妬しないと、やる気でないのでは?

嫉妬というとあれですが、ちょっとはジェラシーあった方がやる気が出るのかなと。。


というのも、ポープの人間論からの一説なんですが
「卑しい心がその奴隷となって苦しむ嫉妬は、学問もあり、気性のすぐれた者にあっては競争心となる。」

こんな言葉もあるんですね。

でも嫉妬や妬みだけだと本当に不毛な人になるんですね。

ディスるだけの人いますねツイッターで。
某巨大掲示板の住人もいますし。
逆にディスを意図的に利用したり、起こしてる有名人もいますね。
ディスる人たちを利用して「己が被害にあってる!」と訴えファンを獲得。「正義はこちらにある」的な感じの意図的・戦略的な人もいます。



嫉妬するな!というと人間の本来持つサガを閉じ込め、一層イライラするので、全体感情の中の「1~2割」ぐらいは嫉妬してもいいのでは?
嫉妬するけどでも人の成功を称えてこそ頑張れる気がします。
「ライバルをほめて己に火をつける」的な感じです。

己にウソをついて「嫉妬するのはだめだ」とか言い聞かせてるとよりちょっと嫉妬してそれを競争力に還元する。
ディスらない人達はそういうのが出来てるんでしょうね。
それか嫉妬をしない考え方を持っている。




嫉妬しないしない!と苦しんでるならちょっとは楽になってみましょう。1,2割嫉妬してみようかなと。そして成功を称えてみよう。
最近ふとそんなことを思いました。

「1,2割の嫉妬は向上心を上げる」




ツイッターでこのツイートが素敵だなと思いリツイートしてしまいました。






私事ですが宝島社より書籍だしました。
色々な仕事のお給料が分かってしまうお給料本です。
お給料もわかるのですがそれ以外にも仕事内容も。
そして職業をRPG風イラストで表現!

将来に悩んでる学生や、子持ちママにおすすめの本です。
是非お子さんに職業っていろいろあるんだと教えてあげてください。

「日本の給料&職業図鑑」発売中!
※アマゾンサブカルランキング1位獲得。楽天ブックス総合1位も獲得しました。

あわせて読みたい記事