【お金を増やす】国民総副業時代を到来させよ!!

ギャラクティカサイバーディメンションズアタック > 好きな時間に働く > 【お金を増やす】国民総副業時代を到来させよ!!

【お金を増やす】国民総副業時代を到来させよ!!

お金副業画像

好きな時間に働く

こんぺーです。

複数のポータルサイトを運営しているポータルサイターとして独立しながら生計たてています。

きになるこんなニュースがありました。


企業ばかりが儲かって、賃金が上がらないのはテクノロジーのせい?


簡単に言うと

デジタル技術が発達して経営者や株主の利益は上がるけど、労働者の賃金はロボットなどに仕事をとられて賃金あがらないよね。

という話なんですね。

企業の経営者や株主は「企業利益の伸長→株高」という図式で恩恵をこうむるということです。でもそれ以外の人たちはどれだけ働いてもコンピュータに追いつかれ、追い越されることで「時代遅れ」のポンコツになるリスクに晒されているということです。

利益の恩恵を受けれる最優先は株主と経営者

株式会社なので利益の最優先は株主なんです。
労働者は後なんですね。

そこでそんな給料上がらないなんて声高くしたってシステムなので
上がらないものは上がらない。

今後もこの流れはほぼかわらない。
経営者や株主が儲けて労働者はあまりお給料は上がらないんです。

そこで大事なのが自分で自立して稼ぐこと。

副業なんです。

空いた時間で自分の時間を有効活用して稼ぐ副業なのですが・・・

副業禁止にしている企業が存在するんですね。

副業禁止は人権侵害

副業禁止にしている企業が存在する


売上1000万円上げた営業が賃金その月だけ1万円上がる・・・
1000分の1しかもらえない。

これだけでも腹立たしい上に・・・

自分の営業スキルを活かし他で稼ごう!
と思いつくも・・・

副業禁止!!!!!!!!!!!!


副業を禁止するまで企業に権利があるのか。そう思います。

ブラック企業認定の項目に「副業禁止」を追加しよう

低賃金で長時間労働を強い、なおかつ若者を「使い捨て」するのがブラック企業というのが一般的な定義です。

ですが、副業禁止にしている企業もブラック認定の項目にすべきなのです。
賃金を上げないうえ、自分で稼ぐことを許さない企業というのは傲慢です。

技術やノウハウが盗まれると恐れているところもあるようですが、そこは就業規則に書くべきことであり、副業自体を禁止することを就業規則に書くべきではない。
なぜかノウハウを盗まれないようにするために副業自体を禁止するところがあるんですね。

盗まれたらそんなにすぐに経営が傾く会社ならそもそも持たないとも思いますが・・。

副業OKにするメリット

副業をOKにすると副業がやりたい社員は自分で稼ごうとする意欲も芽生えます。

特に経営者意識などは身につくのではないでしょうか。
僕が朝礼などで言われていたのが「経営者の視点を持て!」でした。

結論からすると「は!?経営者でもないのにどうしろと・・・」というのが率直な意見でしたね。

でも副業を始めた(僕は「ポータルサイト運営」でしたが)
それをすることでかなりマインドが変わりました。

・ある程度のマネジメント能力も身につくわけです。
・仕事の業務もこなすけど副業で儲けてるからそこまで「賃金上げろ!」という声もあげなくなりました。


何においてもデメリットよりも副業をOKにするのはメリットが多いんです。

模索結果

上記からまとめてみました。

結果・・・

「企業自身が副業を紹介する!!もしくは副業を率先する企業になる!」

おおげさかもしれませんが、もうこのぐらいの時代になっているのではないでしょうか。

国民総副業時代の到来です。

副業をさせることで新しい技術や能力を持って新しい風を巻き起こす可能性もあります。
とにかく副業はいいんです。

副業禁止はもう時代遅れですよ。

あわせて読みたい記事