【超少子化】もうそろそろネガティブキャンペーンをやめないか

ギャラクティカサイバーディメンションズアタック > 問題 > 【超少子化】もうそろそろネガティブキャンペーンをやめないか

【超少子化】もうそろそろネガティブキャンペーンをやめないか

tamago

問題

先日、NHKで「私たちのこれから」で超少子化について番組がやっていた。
50年後の人口が8600万人となり経済が破たんする可能性があるそうです。

そんな中で超少子化を防ぐために、政府は本気なのかどうか?やどんな対策が必要かなど色々な議論が起きていたわけですが・・・。


「へー8600万人ね・・・だからって子作りを即したいなんて思わないぞ。」

今後子供を作るであろう僕が思ったのは

「子育て・子作りに対するネガティブマインドを変えない限り変わらない」

でした。

子育て問題をピックアップしてみました

・保育園不足問題(田舎ではあまり考えられないそうですが・・・)
・子育てする経済的支援が足りない
・政府は子育てに対して対策をそんな練っていない


など色々な問題がありますね。
最近では「保育園落ちた日本死ね!!!」というブログが話題になっていました。

これを議論して「子育ては本当に大変なの!」「めちゃくちゃ大変なの!」「本当に大変!」

という感じで毎回毎回聞いていると

「あ~~子育てって超大変なんだな。そんな大変なら作らなくてもいいんじゃないのかな。」

というマインドに持ってかれるんですね。

子育てが大変なのは重々承知しているんですが、メディアやブログで沢山取り上げられ何度も見ていると、「子育ては大変」というマインドが刷り込まれるんです。
子育てが大変だってわかっていても頭の隅に出てきますよ。

「そこまで大変なら・・・作らなくてもいいのかな?」


子育てのブログを見ていても結構大変で鬱になってしまったことなどテレビで取り上げられたりします。

こういうマインドは深層心理に刷り込まれる気がします。
子育てで育児が大変だという問題提起をすることは大事なのですが、やりすぎるとまた違うんです。


そこでちょっと子育ても楽しいと思えるような文献を探してみましたよ。
日本は漫画・アニメの国。繊細な表現がうまい国だと思っています。


最近読んでみたのがこれ。


たまご絵日記


内容は結構過酷なんですが、子供の姿が可愛らしく「きゃわいいぃ」ってなってしまうんですね。
これを見ていて子供が欲しくなりました。

ラインスタンプも思わず買ってしまいました。

だっこぉぉぉ

政府はもちろん超少子化対策は本気で練らないとだめでしょう。
駒崎さんの見解によると、本気で練らないのは投票率やそれ以外にも問題があると取り上げていました。
政治が子育て層を簡単に無視できる、投票率以外の大きな理由

それもそうなのですが、メディアでネガティブキャンペーンをやりすぎるのも抑えていかないとと思います。
あまりポジティブなものは頭に刷り込まれ辛いです。
ネガティブな問題提起もしないと議論が生まれないのでしないといけませんが、倍ぐらいポジティブなこともやるべきなのでは。

これは自分たちにも言えますね。

ネガティブなものを面白く伝える日本アニメはすごいなと改めて思います。

子育てにネガティブ思考があれば「たまご絵日記 ~新米かあちゃん奮闘記~ 」是非読んでみてください。
書籍おすすめですよ。

私事ですが出版しました。
色々な仕事のお給料が分かってしまうお給料本です。
お給料もわかるのですがそれ以外にも仕事内容も。
そして職業をRPG風イラストで表現!

将来に悩んでる学生や、子持ちママにおすすめの本です。
是非お子さんに職業っていろいろあるんだと教えてあげてください。

「日本の給料&職業図鑑」発売中!
※アマゾンサブカルランキング1位獲得。楽天ブックス総合1位も獲得しました。

あわせて読みたい記事