「キウイ塩」と「ステーキ」は風邪中に食べたほうがいいのか実験!!&結構効く風邪予防方法を紹介!

ギャラクティカサイバーディメンションズアタック > 健康方法 > 「キウイ塩」と「ステーキ」は風邪中に食べたほうがいいのか実験!!&結構効く風邪予防方法を紹介!

「キウイ塩」と「ステーキ」は風邪中に食べたほうがいいのか実験!!&結構効く風邪予防方法を紹介!

CWunWi5UkAA5O3n

健康方法

重い風邪ひきました。
かなり久々に引きました。

今までは、だいたい年に一回引くかどうかだったのですが・・・しかも軽い風邪です。
久々に重い風邪。

何故重い風邪になったのか・・・

いつも実践している予防策をしなかったから。
余裕ぶっこいて大丈夫だろうと油断していたら完全にやられました。

いつもやってる風邪予防対策を紹介。

予防はこれだけ!首を温めよ!

これをやるまで季節の変わり目で必ずと言っていいほど風邪を引く男でした。

でも単純にこれをやるだけで年に一回引くかどうかになりましたよ。

「首を温める」

これだけです。
ちなみにどうやって首をあたためるか・・・

温めるというよりも保温するという形ですね。

なのでネックウォーマーを巻きます。マフラーでもいいですよ。
そしてポイントは寝るときです。

手首・足首など「クビ」と付く部分からは熱が逃げやすいそうです。
そのため寝てる間に冷えて免疫力が弱くなりウイルスが繁殖して
朝起きたら「風邪を引いている」ことなんだそうです。

僕も騙されたと思いこれをやったらほぼ風邪を引かなくなりました。
たまに危ないときがあるんですがそういう場合は葛根湯ですね。
※昔は葛根湯を飲んでても引いてました。

「クビ」なので足首や手首なども保温しておくといいそうです。 僕は完全に首でした。

でも今回・・・ウォーマーをつけなかったんですね。

それで今回の大惨事・・・。

だるさ・鼻づまり・鼻水・咳・くしゃみ・頭痛という感じです。

風邪の最中はビタミンCはあまり効かない?

ビタミンCはあくまでも風邪予防にかなり対策として効き目があるそうですが
風邪ひいている最中はビタミンCの摂取はそんなにはきかないそうです。

で・・・先日、テレビで病中に摂取すべき食物が公開されていました。

さっそく自分で実験。

病中に食べるのは、「高タンパク質」のものがいいそうです。
ちなみに高たんぱく質というと

「肉」

ですね。

特に牛肉がいいそうで、

「ステーキ」がいいそうです。

今回ステーキを食べてみました。

結果。

ちょっと奮発してひれ肉を食べました。
でも鼻づまりなのでおいしいという感覚もなく味もしない・・・。

次の日は体力的にはかなり回復しました。
消えたのは、だるさ・頭痛・くしゃみ。
でも鼻づまりや鼻水は全く治りませんでした。 ステーキは、体力的なものにはいいのかなと感じます。


また点滴の変わりになるものとして推薦されていたのが

「キウイ塩」

キウイに塩をふりかけて食べるんですね。

さっそく二日目やってみました。

キウイ塩あまっ!!!!!!!!!!

上記が衝撃のツイートだったのですが生まれてこの方キウイに塩をかけたらこんなに甘いとは思いませんでした。
甘いんです。

鼻づまりでもわかるぐらい。「あまっ!!!!!!!」
めちゃくちゃ甘くなります。
そしてキウイに塩をかけると点滴を打ってる効果とかなり一緒だそうですよ。

一日の摂取量はキウイ2個に塩をぱらぱらとかけるそうです。
カリウムが豊富なのがいいそうですね。

で実際に食べてみたのですが・・・
これもまた体力は回復した感じ。体のだるさは無し。快方に向かってる感じがする。
でも鼻水と鼻づまりは治りませんでした。

結局、鼻水と鼻づまりはどうにもならないので病院にいったら

「副鼻腔炎」でした・・食べ物だけだとこれは難しいんですね・・。

お薬で治療になりました。

ステーキとキウイ塩は体力を戻したりだるさを取る?効果があるので通常の風邪にはいいなと。
※お腹からきてる風邪のときはステーキとかは食べれないので無理して食べないほうがいいとのことです。
今までやっていた病中の対策がダメだと感じたら新しい「キウイ塩」「ステーキ」試してみてください。新しい変化があるかもしれません。

予防には首を温めるのは本当におすすめです。
色々予防してたけどあまり効かないなどあれば是非。


働き方や稼ぎ方やポータルサイトの運営方法についての情報発信中!
これを機にツイッターフォローいただけると喜びますです。

あわせて読みたい記事