【ブロガーの未来】2004年度アルファブロガー極東ブログさんへ質問してみた結果

ギャラクティカサイバーディメンションズアタック > インタビュー雑談 > 【ブロガーの未来】2004年度アルファブロガー極東ブログさんへ質問してみた結果

【ブロガーの未来】2004年度アルファブロガー極東ブログさんへ質問してみた結果

極東ブログ

インタビュー雑談

こんぺーです。

本日もお忙しい中ご来店ありがとうございます。


前回のブログで過去のアルファブロガーについて調べてみんですね

・昔のアルファブロガーがどうなってるのか4時間かけて全員調べてみた!

かなり大変でした。ジャーナリストの方ってもっと大変なんだろうな・・。



継続してる人は6割超で、2004年の初代アルファブロガーでは続けている人は4人でした。

結構続けてる人多いんだなぁと思いながら、直接色々聞きたくなってしまったんですね。

で、アレなんですね。

2004年アルファブロガー「極東ブログ」様にツイッターでおこがましくも連絡してみました。

結果。



快くOKでした。素敵。アルファブロガーってこういうところの対応も素晴らしく素敵なんです。
さくっとね。


で「7つ」ほど質問しましたよ。
おおざっぱにいうと継続できた理由からブログの未来はどうなるのか・・・。

ブログを続けられた秘訣は「ブログが好きだったから」

僕が最初に気になったのはやはり「継続」出来た理由でした。それについて聞いてみたところ。

「正確には2003年8月15日から。
続けられた秘訣は、振り返ってみるとブログが好きだったからに尽きます。
いろいろ挫折しそうになるときはありましたが、ブログが自分を呼び戻したような感じです。
それは、読まれる人はきっといるのだという確信のようなものかもしれません。」

自分はポータルサイト運営ですがやはりレスポンスが全くないので切なくなる時もあります。
でもブログはこういうのがあるから面白いんですね。

で気になったのが

「ごはんを食べていけるのか。」

聞いちゃいました。

「ブログによる収入は公開していませんが、そんなに少ないのというくらいです。
学生のバイトにも満たないでしょう。
有料ブログを使っていますが赤字がでない程度です。
逆にいうと、だから金銭の責任ある仕事として取り組まないでいられるので気が楽です。」

話の質問はどんどん深入りしていきました。

Q.ブログを始めた理由は?事業と結びつけるためですか?

1人の無名の市民が社会に意見を出す機会とするためです。
事業化すると自分がブログだと思うものと異質なものになるだろうなとは思いました。

Q.アルファブロガーは当時マネタイズは出来ていましたか?

いえ、ぜんぜん出来ていませでした。
アフィリエイトも試しにやってみるという程度で、グーグルとアマゾン以上に手を広げるつもりもありませんでした。

Q.クローズドのサロンについてどう思いますか?未来のブログってどうなると思いますか?

ブログをやってしみじみ思うのは、嫌がらせが非常に多いことです。
驚くほどひどいものです。それを避けるためにクローズドにするのは納得できます。
現状、ほんのわずかな課金を付けるだけで、そうした嫌がらせの読者が回避できます。
未来のブログについてですが、偉そうなことを言うと、私のようなブロガーがいつか増えて未来のブロガーになると思っています。
「私のような」というのは、無名の市民がひとりひとり独立した市民意識を持ち意見を公開するということです。

Q.ブログはいつまでやり続けますか?

自然にやめてしまうのではないかとも思っていましたが、現状だと、病気とか死ぬとかなければ長く続けるのではないかと思います。
老いていく自分というものを描いてみたいようにも思います。

お金じゃない「市民の意識から始まったブログ」が極東ブログ

色々質問させていただいてメールで回答いただいたのですがやはり一番すごいのが

「お金が稼げなくても発信する」

ここですね。
あの当時で今ぐらいマネタイズの方法が沢山あれば稼ぎつつ、信念を貫くことができたのでしょうか。
いやあの当時で稼げるようになっていれば、極東さんのような信念は貫くことができなかったかもしれません。
今や炎上マーケティングなどありますがあの当時はなかったんですよね。
そしてお金を稼ぐことを第一にしていないので炎上マーケティングという発想もなかった。

デザインが「いとをかし」

極東さんの極東ブログをみたら・・・

「すごいいい味」

出てますね。
2004年のあの当時の感じがすごい出てるんです。

人間がいる限り、何十年とブログが続くと思ってます。
当時流行ったレイアウトやカラム、フォントのサイズ、幅などのデザインが今でも反映されているんですね。
※PCのみです。

見ていると京都へ赴いたような感覚になりますね。

模索結果

上記から

結果・・・

グーグルはブログ歴史保存館を作る必要がある!

ツイッターでやり取りしてたのですが、極東さんのフォロワーさん(@Singulith)から
「Googleあたりがアーカイブ化のプロジェクト立ててませんかね? いくらなんでも無理かな・・」
なんていう意見も出てきていました。

まさにその通りですな。
是非アーカイブ化して歴史資料館を作ってほしいと常々思っております。
※ないですよね?もうあったらすごいなと思います。

極東ブログさんは本も出しておりこんなのがありました。
考える生き方
もっとも美しい数学 ゲーム理論 (文春文庫)

ちなみに「幸せを感じる瞬間ってどんなことですか?」って聞いた時のですが・・・

極東さん「家族と過ごすとき、それと学びが結実するとき。」


・・・・家族作ろう・子供作ろう。

働き方や稼ぎ方やポータルサイトの運営方法についての情報発信中!
これを機にツイッターフォローいただけると喜びますです。

あわせて読みたい記事